メキシコの治安問題

アメリカとメキシコが合併する!?

アメリカとメキシコが合併する!?

 

アメリカとメキシコが合併する!?

 

ヒスパニックがアメリカの人口の過半数にせまる勢いだ。今回の大統領選挙はアングロサクソン系の白人が大統領になれる最後の選挙だったと分析する専門家も多い。

 

いろいろと今回のトランプ大統領就任後のアメリカの動きを予測する人が多い。

 

そんな中で、トランプはアメリカ国内をメチャクチャにするという意見を言う人かなりいる。

 

具体的にどんな風にしてアメリカをメチャクチャにするのかというと、黒人と白人の対決や数々の民兵組織のテロ、カリフォルニアのかんばつ、白人貧困層のデモなどアメリカはあきれるほどに問題山積だということを教えてくれる。

 

いろんな意見を聞いていると、これはアメリカは本当に革命でも起きかねない状況みたいだ。

 

へたをすると都市部と地方に分かれてアメリカ国内で内戦が起きるかもしれない。

 

そんなことになってもヒスパニックはアメリカ国内ですでにしっかりとしたコミュニティーを作っているらしく1つの新しい国のようなものができるのではないかと言う識者もいる。

 

アメリカで内戦でも起きれば、メキシコの住民はアメリカ南部を自分たちのものとして主張するかもしれない。

 

もともと、テキサスなどの土地はメキシコのものだったし、メキシコが乗っ取れば、移民問題はそこで終了する。そう考えるとメキシコとアメリカの南部が合併するのが、移民問題をすっきりさせる1番いい手ではないかと思えてくる。

 

そうなったら、空前の土地買取ブームが起きるだろう。

 

世界中からアメリカ南部の土地を買収しにいろんな資金が入ることになる。日本の不動産会社は大チャンスとなるが、ここで重要なのは、土地の売買システムを売ることを考えて実際の不動産取引には手を出さないことだ。

 

アメリカの内戦状態の中で現地に日本人を派遣したら、命がいくつあってもたりない。

 

だから、日本で普及し始めたインターネットの不動産情報サイトのイエウールのようなシステムだけ売ってシステム管理料だけとるかたちで商売をやったらいいと思う。


ホーム RSS購読 サイトマップ